胃炎サプのおすすめはこれ

慢性胃炎の予防と改善に効果のある栄養素

 

慢性胃炎を予防したり、改善しようと思った時、それに効果を発揮する栄養素があります。たとえば、荒れてしまった胃の粘膜を再び元に戻すように促してくれるのはビタミンAとなります。胃の粘膜が荒れないように保護したい場合には、胃の粘液を作ってくれるといわれるビタミンCやビタミンEがいいとされます。これらは胃の粘膜を強化してくれるのです。

 

そのためにも、これらの栄養素がたっぷりと含まれる大根やかぶ、そしてとうがんなどをたくさん食べるようにしてみましょう。他も、白菜やほうれんそう、トマトなどもよいですね。料理にするのが難しいようでしたら、野菜ジュースでとってしまうのもお薦めですよ。

 

また、胃もたれしてしまった場合には、生の大根をとることをお薦めします。胃の粘膜の保護にはキャベツがお薦めですよ。キャベツニ含まれるビタミンUには胃を健康に保つ効果がるのです。常に食事で取り入れられるようにしましょう。フルーツでは、りんごやバナナが良いとされます。他にも、桃や苺もなどが良いでしょう。

 

魚の中では鰯と鮪の脂肪に含まれている不飽和脂肪酸EPAというものが胃に良いとされています。これらには胃の粘膜を強くしてくれる効果があります。

 

乳酸菌は、慢性胃炎を予防してくれます。また、整腸作用、腸内環境を良くしてくれる効果もあります。有害とされる物質を排出してくれるのです。乳酸菌の中でも「LG21菌」が大注目されています。これはピロリ菌をいっきに働きがあります。LG21乳酸菌入りたヨーグルトは、今、たくさんの種類が販売されていますね。

 

また、植物性の乳酸菌も注目されています。野菜を乳酸菌発酵させた食品としては、漬け物が有名です。日本人の胃にも合うのでたくさん食べるようにしてみましょう。

 

市販薬に含まれる成分

 

私たちが普段ドラッグストアなどで購入している市販薬には、いったいどんな成分が含まれているのでしょうか。主に、H2ブロッカーや制酸剤、そして抗コリン薬、漢方薬といったものが多くふくまれています。私たちは病院で薬を処方してもらっていますが、それは医療用薬と呼ばれるものになります。

 

薬局やドラッグストアなどで購入できるものはいわゆる市販薬と呼(一般薬)」があります。市販薬というものは、医療用薬に比べると、比較的量が少なめになっています。そして効果も即効性はあまりなく、穏やかに効果が出るようになっています。市販薬に含まれている成分については次のようなものがあります。

 

・胃酸分泌抑制薬
胃酸のあまり出過ぎないようにコントロールしてくれます。H2ブロッカーと呼ばれるものがこれになります。また、抗コリン薬も同様です。

 

・制酸剤
これは胃酸が分泌され過ぎた状態の時、それを化学的に中和してくれるものです。炭酸水素ナトリウムや酸化マグネシウムなどがあります。

 

・粘膜保護剤・粘膜修復剤
この成分は胃の粘液の分泌を増やす作用があります。胃の中の血のめぐりを良くしてくれ、傷ついてしまった胃の粘膜を回復する作用があります。ソファルコンやアルジオキサ、銅クロロフィリンカリウムといったものがあります。

 

・漢方薬・生薬
胃の中の状態と体の調子をすべて整える作用があります。体質は人それぞれですが、それぞれの人すべてに使用することができます。安中散やケイヒ、ウイキョウ、シュクシャなどがありあす。

 

・消化酵素
お酒を飲み過ぎてしまった時、胃の消化を促進させてくれます。また、食事をとり過ぎてしまった時の胃のもたれを改善してくれます。ビオジアスターゼやプロザイムなどがあります。

 

更新履歴